忍者ブログ

畑からそだてた布

カラムシを中心に日々の仕事や生活を綴っています。

勢ぞろい

2010/02/16(Tue)18:47





道路脇にそびえ立つ雪の壁から

何やら透明な物体がたくさん下がっていました。


「つらら」です。


日中、気温が上がると少しずつ雪が解け、

寒くなると解けた水が凍る。

こんなことの繰り返しで、雪の壁につららのカーテンが出来ていました。

九州ではほとんど見ることのなかったつららが、

ここにいたら当たり前の風景にいつしかなってしまっています。


慣れって恐ろしい?




PR

No.238|風景Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :