忍者ブログ

畑からそだてた布

カラムシを中心に日々の仕事や生活を綴っています。

福島で今起こっていること

2012/06/21(Thu)20:16

あはは星人 さんのブログより勝手に転記してしまいました。
http://ahaha.365blog.jp/

福島で今、進行中の真実です。





先日、新潟でおこなわれた保養+健康相談会での先生の感想です。


【真実】

私にとって真実とは
私が体験したこと
私が感じたことがすべて。
だから、とりあえず体験してみる。

今回、信頼する友人からの依頼で
健康相談会のお手伝いに行ってきた。

いままで25回位福島に通ってきたけれど
ずっと個人として動いてきた。
1回だけ医療支援で行ったのですが
(その時であった親子に今回も出会った!すごい偶然!)
その時の違和感から、
また、私の医療に対する考え方から
やっぱり個人としてのみ動いてきた。

本当に何もわかっていなかったのかもしれない。

今回は、自分の中でもうまくスタンツが取れなくて
「ただその場を体験しよう。
 現状を知ろう。
 ともにあろう。」
という思いだけで参加させて頂いた。

結果。
本当に衝撃だった。

毎日健康診断をしてきている私にとって
余計に現実は重く感じられた。

簡単に私の所感を報告します。

・尿検査でほとんどの人(7-8割の方)が蛋白±以上。
 普通の頻度ではありえない。
・それまでになかった胸痛を訴える方が数名おられた。
 心電図上での異常はない。
・事前に甲状腺の検査を受けた親子3人。
 小学生のお子さんを含め、全員が甲状腺腫の指摘。
 「近所で同様検査を受けた人は全員何らかの異常が見つかっているので
  普通だと思います。気になりません。」と。
・頭痛、腹痛、下痢、のどの痛みの訴え、多数。
 ほとんどが今回の事故以降の訴え。
・アレルギーの悪化。皮膚炎の悪化。
 風邪が治りにくい。
 微熱が続く。
 免疫力が低下しているのか?
・異常な眠気。だるさ。
 「眠くなるのはきっとみんなだと思います。
  書かなくても、みんな眠いしだるいんです。」と。
・出産後の生理がなかなか来ない。
 上の子どもの時はそうではなかった。

みなさん、結構冷静で
なんでも放射能の影響ではないかと思っている風ではない。

そんな中、子どもたちの不定愁訴の訴えはやっぱり普通ではありえないと感じる。
特に、甲状腺の異常はかなりありそう。
そういった情報が聞かれないことがおかしいと感じる。

とりあえず私にとっての真実をお伝えすることが
何かの役に立つものと信じて。
 




私の周りでも、おや?という症状の方、いらっしゃいます。

私自身も震災後、アレルギーがひどくなりました。

そして心臓あたりの胸痛もたまにでるようになりました。

でも、本当に放射能に関心を持っている方以外、

なんだかおかしい・・・くらいに思っているだけです。


本当にこの先が怖いです。





PR

No.286|未選択Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字